県議会議員選挙

宮城県議会議員選挙(名取選挙区)開票結果速報2019 当選者と立候補者の党派別情勢

【確定済み開票結果を追記しました】

2019年10月27日に投開票となる宮城県議会議員選挙(宮城県議選)。

こちらの記事では宮城県議会議員選挙2019から名取区選挙区の開票速報と開票結果をまとめています。

立候補者名簿一覧と当選者落選者、党派別情勢、投票率についてもご紹介していきます。

>>【宮城県議会議員選挙2019】選挙区別の開票速報・開票結果一覧まとめはこちら

宮城県議会議員選挙2019【名取選挙区】開票速報・開票結果・当選者・NHK出口調査情報

宮城県議会議員選挙2019名取選挙区の結果は自治体選挙管理委員会やNHK選挙WEBによる開票速報・出口調査の最新情報が入り次第、随時こちらに記載していきます。

投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
7153太田 稔郞68立憲農業
おおた としろう
6737村上 久仁61自民会社役員
むらかみ ひさと
5637荒川 洋平38無所属無職
あらかわ ようへい
1760大久保 三代43無所属精神保健福祉士
おおくぼ みよ
  • 告示日:2019年10月18日
  • 投票日:2019年10月27日
  • 定数 / 候補者数:2 / 4
  • 執行理由:任期満了
  • 期日前投票期間:2019年10月19日~10月26日まで
  • 有権者数:63,437人
  • 投票率:33.92%
  • 行政区:名取市

宮城県議会議員選挙2019【名取選挙区】の立候補者一覧から見る選挙情勢

今回の宮城県議会議員選挙[名取選挙区]には、定数2に対して4人の立候補がありました。党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

党派現職新人元職
自民党1001
立憲民主党1001
無所属02(1)02(1)
22(1)04(1)

( )内は女性候補者数

現職2人、新人2人の戦いとなりました。党派別では、自民1、立憲1、無所属2人で、女性候補は無所属の新人1人。

前回(2015年)は、定数2に対し2人しか立候補者がおらず、無投票で当選が決まりました。前々回(2011年)は、定数2に対し3人が立候補し、無所属2人が当選しました。最下位当選者の得票数は6,556票、次点は6,231票で、投票率は42.76%でした。

 

今回も少数激戦となりましたが、注目は無所属の大久保氏です。大久保氏は衆議院議員1期を務めた経験がありますが、前回の宮城県議選で泉選挙区から立候補するも落選、2017年には仙台市長選に立候補しましたが落選、今回の挑戦でどこまで支持を集められるか注目されますが、現職のカベは厚く情勢はかなり厳しそうです。

 

投票率も過去に比べて大きく増減することはないでしょう。前々回並みに40%台の投票率と予想すれば、当選ラインは6,500票前後になるものと予想されます。

>>【宮城県議会議員選挙2019】選挙区別の開票速報・開票結果一覧まとめはこちら








宮城県議会議員選挙名取選挙区 2015年の開票結果

2015年の宮城県議会議員選挙名取選挙区の開票結果は以下となります。

※年齢は当時のもの

結果氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
石川 利一67自民宮城県議会議員
いしかわ りいち
太田 稔郞64無所属農業
おおた としろう
  • 告示日:2015年10月16日
  • 投票日:2015年10月25日
  • 定数 / 候補者数:2 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:60,735人

宮城県【名取選挙区】の特徴や抱える課題

宮城県【名取選挙区】の特徴

宮城県名取(なとり)市は、宮城県の中央南部の太平洋沿岸に位置し、仙台市の南東に隣接しています。仙台市の中心部まで車で約30分、 鉄道で約14分と恵まれた立地条件にあります。

面積98.17平方キロ、総人口約7万9千人を有し、東北最大級を誇る史跡雷神山古墳に象徴されるように、古来より肥沃な土地、気候、風土に恵まれ、居住環境に適した、自然と共存できる都市です。

 

JR東北本線、国道4号、東北縦貫自動車道、仙台東部道路などが市内を走り、人口の集積、企業立地も進み、広域仙台都市圏の副拠点都市にふさわしい機能を有しています。

さらには、東北の空の玄関口として、年間300万人以上の人々が利用し国際化の著しい仙台空港の所在都市として大きな飛躍が期待されています。

 

温暖な気候と大消費地仙台市に隣接する優位な立地条件のもと、 農耕に適した肥沃な土地と恵み豊かな太平洋を生かし、 農業・漁業を中心に発展してきました。

近年は、 恵まれた立地条件や交通条件、 仙台空港臨空都市の整備などを背景に、 主要幹線道路沿線に新たな商業拠点が形成されています。

 

また、 市西部の工業団地に物流倉庫業・製造業などの企業の進出が堅調に進んでおり、 多様な産業が集積する都市として、 さらなる発展の可能性を秘めています。

名取市は、 恵まれた立地条件、 豊かな自然環境や歴史文化環境、 多様な産業集積などを背景に宅地開発が進み、 これに伴い人口が増加してきました。

近年、 県内の多くの自治体が人口減少に転じる中、 名取市は着実に人口増加を続けており、 生活環境施設の整備や福祉・文化環境の充実などとも相まって、 魅力ある生活空間として成長を続けています。

宮城県【名取選挙区】が抱える課題

2011年3月の東日本大震災では、太平洋沿岸地域が津波の被害を受けて、多数の犠牲者を出しました。

また、 地球規模での環境保全が求められる中、 自然豊かな環境都市としての特性を生かし、 自然との共生を基本とした各種施策を推進し、誰もが住みたくなる快適な生活環境を整備していく必要があります。

 

そこで、医療体制の充実をはじめ、 交通安全・防犯対策、 消防・防災対策、 消費生活など様々な分野にわたって、誰もが住みたくなる安全・安心で快適な生活環境の整備を進めることが大きな課題です。

特に、 市民生活に大きな影響を与える雨や風の気象災害、 地震などの自然災害に備え、 地域との協働体制の確立を中心に総合的な危機管理体制を整備していく必要があります。

 

また、子育て支援や学校教育環境の充実を重視する市民ニーズを踏まえ、 安心して子どもを産み育てることができるよう子育て支援の充実を図るとともに、子どもたちが明るく元気に学習できるよう学習体制と教育環境を整備していく必要があります。

そして、名取市の未来を託す子どもたちの健全な育成のため、 家庭・地域と連携し人材育成に取り組んでいくことも大きな課題の一つです。

 

つい最近も台風19号による浸水被害があったばかりで、市民生活の安全・安心を確保するための防災対策のより強化・徹底が望まれます。

新議員の皆さんも、特に自然災害への対策を地元行政、県、国と協力して、真剣に考えてほしいものです。








2019年10月27日の執行選挙一覧

以上、宮城県議会議員選挙2019名取選挙区に関する情報をご紹介致しました。

宮城県議会議員選挙2019の選挙区別開票結果一覧はこちらにてまとめていますので、他選挙区の情報が気になる方はご参考ください。

>>【宮城県議会議員選挙2019】選挙区別の開票速報・開票結果一覧まとめはこちら

 

また、その他10月27日投開票の地方選挙は下記の通りとなります。合わせてご確認ください。

  • 橿原市長選挙(奈良県)
  • 吉野川市長選挙(徳島県)
  • 湯川村長選挙(福島県)
  • 湯川村議会議員補欠選挙(福島県)
  • ひたちなか市議会議員選挙(茨城県)
  • 橿原市議会議員補欠選挙(奈良県)
  • 奄美市議会議員選挙(鹿児島県)
  • 吉野川市議会議員補欠選挙(徳島県)
  • 亘理町議会議員選挙(宮城県)
  • 村山市議会議員選挙(山形県)
  • 山元町議会議員選挙(宮城県)
  • 女川町議会議員選挙(宮城県)
  • 宮城県議会議員選挙(宮城県)
  • 参議院議員補欠選挙(埼玉選挙区)(埼玉県)
  • 徳島県議会議員補欠選挙(吉野川選挙区)(徳島県)
error: Content is protected !!